一汁三菜の和定食で潤いのある肌を目指そう!

味噌汁の美肌効果に注目!

世界無形文化遺産にも選ばれた和食の健康や美容効果の高さが国内外から注目されています。一汁三菜を基本とする和定食で、肌質アップを目指してみませんか。

和の汁物の定番、味噌汁に使う味噌は優れた発酵食品で、腸内環境を整える効果を持っています。味噌汁の具材としてよく用いる豆腐に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きを持っていて、潤いのある肌へと導いてくれます。ワカメは、美肌と共に美髪効果の高い食材で、食べ物でキューティクルケアができます。味噌汁に入れると、キャベツの芯やブロッコリーの軸など、捨ててしまいがちな食材も美味しく取り入れられます。食材の栄養素を無駄なく美味しく食べられる味噌汁を用意する習慣を付けましょう。

魚料理で理想の肌に近付こう

和食には、魚を美味しく食べられる料理が充実しています。魚に含まれるDHA、EPAは血液をさらさらにして、体の巡りを改善してくれます。体の巡りが良くなることで、肌にも十分な栄養が行き渡って、理想の肌へと近付くことができますよ。和食では、ちりめんじゃこ、ししゃもなど、骨ごと食べられる魚も多く、不足しがちなカルシウムや鉄分をしっかり補えます。また、抗酸化作用の強いアスタキサンチンを豊富に含む鮭やカニ、エビなどもおすすめの食材です。アスタキサンチンには、紫外線から肌を守る働きもありますよ。

魚料理を主菜にする場合は、野菜やきのこの小鉢を用意して、栄養バランスの整った食事にしましょう。

品川美容外科の提訴について調べる