スキンケアに必須の美容成分!ヒアルロン酸の種類って知ってますか?

プルプルの肌にするために外から補いたい!

しわしわでたるんでしまった顔になるのは、どんな人だって嫌ですよね。加齢による変化は避けられませんが、少しでも遅くすることは十分可能です。40代後半なのに、まるで30代前半のようなプルプルでもっちりとした肌の人もいれば、まるで50代以降のようにげっそり老けた人もいますよね。自分がどちらのルートに進むことになるのかは、日頃のスキンケアで決まります。肌から失われていくヒアルロン酸を補うことで、保水力をキープしましょうね。化粧品や美容医療に用いられるヒアルロン酸には、たくさんの種類があります。それぞれ硬さや吸収性が異なりますから、自分の使う化粧品のヒアルロン酸はどんなものなのか、よく成分表を確かめてくださいね。

複雑な名前でも覚えておこう!

ヒアルロン酸の種類は何十種類も存在していますが、化粧品に美容成分として配合されているものは、ある程度決まっています。化粧品によく配合されているものは、ヒアルロン酸ナトリウムです。肌表面に潤いを与えて、その効果をしっかりキープします。分子量が大きいので、肌の表面に留まるわけですね。化粧品のテクスチャにとろみを与える役目もあります。ただ、ヒアルロン酸ナトリウムは肌表面を滑らかにする効果はあるものの、肌内部に保湿効果を与えるのには不向きです。肌の奥まで浸透するものには、分子量を小さくした加水分解ヒアルロン酸があります。同じく分子量が小さいものに、ヒアルロン酸ジメチルシラノールというものもあり、こちらはコラーゲンの産出量を増やすパワーも秘めているんですよ。多角的に肌に潤いを出すためには、分子量が異なる複数タイプのヒアルロン酸が必要なのです。

品川美容外科の2chまとめサイト