お肌のトラブルお助けアイテム?こだわりたいのはビタミンC入りスキンケア!

食べてよし!塗ってよし!のビタミンC!

ビタミンCが健康にも美容にも大切な成分であることは周知の事実ですよね。毎日新鮮なフルーツや野菜を食事に取り入れることは、免疫力のアップにもつながり、ひいては丈夫で美しい素肌をキープする手助けをしてくれるのです。ビタミンCは水溶性のビタミンですから、たとえ摂り過ぎたとしても尿と一緒に排出されるので、過剰摂取の心配もありません。積極的に取り入れたいビタミンなのです。

もちろんコスメにもビタミンC!

強い抗酸化作用を持つビタミンCは、アンチエイジングにもパワーを発揮してくれます。また、真皮まで浸透したビタミンCは、コラーゲンの生成を助けてくれることもわかっているのです。ビタミンCはメラニンができるのを抑制する効果があるため、美白化粧品としてのイメージが強いのですが、アンチエイジングの強い味方でもあるわけですね。その上、過剰な皮脂分泌も防いでくれる働きがあるので、ニキビで悩んでいるかたにも効果的なビタミンなんです。

食べるビタミンCと塗るビタミンCの違いは?

さまざまな角度から美肌を支えてくれるビタミンCなのですが、実は酸化しやすいという弱点があります。食べ物やサプリメントとして口から摂る際にはよいのですが、そのまま肌に塗ったとしても吸収されにくいのです。そのような事情から、コスメ・アイテムにはビタミンC誘導体という形で配合されています。これはビタミンCにナトリウムやリン酸を結合させることにより安定させ、皮膚への浸透力を高めたものです。肌に染み込んでからビタミンC誘導体からリン酸やナトリウムが外れてビタミンCとなり、効果を発揮してくれるというメカニズムになっています。

品川美容外科の訴訟について調べる