スタイル維持のために! 日常生活で取り入れたいトレーニング

基礎的な筋力をつけるためのウォーキング

美しいスタイルを維持するためには、一定の筋力が欠かせません。また、猫背など悪い姿勢になるのを防ぐためにも筋力が必要です。一定の筋力を身につけるためには、必ずしもジム通いをする必要はありません。日常生活で取り入れやすく、特別な道具も不要なトレーニングはウォーキングです。基本的には「少し早足で歩くだけ」なのに、なかなか効果的ですよ。おもに下半身の筋肉が鍛えられるだけではなく、心肺機能の向上も期待できます。「ジョギングのほうが効果的では?」と思うかもしれません。ジョギングも悪くありませんが、ヒザを傷める可能性があるので、まずはウォーキングをおすすめします。

ウォーキングを行うときのコツ

ウォーキングの基本は単純で、少しだけ早足で歩くことを心がけてください。また、歩幅を少し広げることを意識すると足のつけ根の筋肉に効果的です。歩く時間は、1日あたり15分から30分くらいから始めましょう。途中で休憩をはさみながら、1時間も歩ければ十分です。週に3回程度は歩いてください。ウォーキングに慣れてきたら、コースに坂道や階段を取り入れましょう。平らな道よりも負荷が強くなるので、さらに効果的になりますよ。季節を問わず、歩くときは水分補給を忘れないでください。

ウォーキングのあとは栄養補給も大切

ウォーキングで身体に刺激を与えると、筋力や心肺能力が向上します。このとき、トレーニング後に適切な栄養をとると、効率的に筋力を鍛えられます。この場合の適切な栄養は、タンパク質です。タンパク質は筋肉の材料になる栄養素で、肉類や乳製品などにふくまれています。トレーニングのあとの食事では、肉類やヨーグルト、豆乳などを取り入れてください。

品川美容外科の死亡について調べる